ラウンダーという職業が人気|顧客目線で考えることが大切

退職防止が課題

スーツの人

コストを抑えることが可能

自社の商品の売上向上を狙うのであれば、ラウンダーを設置しましょう。ラウンダーとは商品の取扱店舗を回って、商品の打ち出し方や展示方法などをチェックするスタッフのことです。自社でこのラウンダースタッフを配置することが出来る場合もありますが、外部の専門企業に委託をしてラウンダーを配置したほうが、効率よく売上の向上につなげることができます。なぜなら、ラウンダーに求める要件は、既存顧客の売上拡大を行う事です。もちろん自社の製品の売上拡大が原点になりますが、販売店との良いコミュニケーションが取れないと自社の製品を積極的に販売してくれる姿勢を持ってはくれません。外部の専門企業であれば、コミュニケーション能力が高いスタッフを配置してくれます。また、これまで、様々な企業のラウンダーを行なってきた実績によって、商品を展示したり、打ち出し方を提案してくれます。自社でこれまでに思いつくことのなかった打ち出し方を提案してくれることもあるので、商品がお客様の目に止まる機会が増え、結果売上につながっていくのです。近年は、このようなラウンダーを配置してくれる外部企業がいくつか存在します。インターネットを活用すれば、優良な企業を見つける事が可能です。実績や実例などを公式サイト内に掲示している企業もあるので、複数の企業を比較しながら、依頼するところを選定しましょう。また、企業によっては、店頭の無料診断サービスを提供しているところもあります。無料診断を受け、自社のどのような点が悪いのかをきちんと把握し、売れる店舗を作ることが可能です。