ラウンダーという職業が人気|顧客目線で考えることが大切

アラ探しではありません

男性

より良くするためです

ラウンダーという言葉をネットの求人で目にすることがあります。ラウンダーとは会社と契約のある販売店を回り、営業をしたり商品陳列の提案やその環境、お店の内容や接客態度をチェックしたりするお仕事です。1日に数店舗まわり、自社製品の展示状況を直接見ていきます。自社製品をいかにして売る状態に陳列していくかを企画し実行に移します。会社によっては直接、販売に携わる仕事もあります。ラウンダーは仕入れには関わらず、あくまで販売のサポートと企画に徹します。ラウンダーの雇用形態は様々ですが、自宅周辺の店舗へ自由な時間に出勤して直帰ができる業務形態が多いため、派遣雇用が増えています。未経験者を雇う職場もたくさんあり、正社員登用の制度がある会社も存在しています。ラウンダーの代表的な仕事にミステリーショッパーがあります。いわゆる覆面調査で、契約した会社から派遣され、指定された飲食店やエステサロンなどへ客として訪れ、接客内容やサービス、食べ物などを細かくチェックして報告書を提出します。悪い点だけを見つけに行くわけではなく、良い点も含めて報告をされることで自身の店舗の強味や弱味を知り、より良い店づくりに貢献していくために利用されています。他にもサンプル請求や通販での購入、アンケートに答えるなど、ラウンダーとしての仕事はいろいろあります。ラウンダーを直接募集している企業もありますが、最近はアウトソーシング形式で不特定多数の人へ仕事を依頼している会社が増えてきました。募集と条件が合い契約が成立したら、ラウンダーとして登録し指定のお店を訪れます。調査を終え報告書を提出すると、後日、賃金が支払われます。